財団の歩み

階層リンク
ホーム
財団の歩み

歩み

活発な研究から始まった交流の輪を広げながら、設立から一貫して日韓の相互理解に努めてきました。

1990年 韓昌祐理事長により、「財団法人 韓国文化研究振興財団」として設立。
1991年~ 主に日韓の学術・文化をテーマにした研究活動への支援を開始し、助成研究の記録論集として『青丘学術論集』第1集を発行。以降、『青丘学術論集』は2005年の第25集まで続く。
2005年 学術・文化などの研究に加え、芸術、スポーツといった分野にも積極的な助成を行うため、助成範囲を広げることを目的に「財団法人 韓哲文化財団」へ名称変更。
2006年~ 広く文化交流を実現する個人・団体に支援を始め、以来、年間10組以上の個人・団体に助成基金を授与する。
2012年 公益認定等委員会から認定を受け、4月1日に名称を「公益財団法人 韓昌祐・哲文化財団」へ変更。

過去の研究

日韓の歴史や文化についての『青丘学術論集』は、その資料的価値が今も高く評価されています。

日本と韓国は互いにもっとも近い隣国として、歴史的にも経済・文化のうえでも深い関係にあります。両国の国交が回復し、友好・同伴の新時代といわれる現代においては、相互のより深い理解が求められることから、財団設立当初より、それらの活発な研究の記録論集として『青丘学術論集』が発行されました。
『青丘学術論集』は、15年間で第二五集までを発行しており、多彩な研究陣による多岐にわたるテーマへの深い内容に、日韓の歴史や文化についての貴重な資料となっています。

青丘学術論集

過去のタイトルはこちらからご覧ください。
青丘学術論集 PDF

カテゴリー目次

コミュニティコンテンツ
韓藍異聞
美食浪漫
ページ補助ツール
ページ先頭へ
コンテンツ一覧ナビ
韓昌祐・哲文化財団とは
理事長メッセージ
財団の歩み
助成活動
過去の助成対象
募集要項
お問合せ
リンク
ホーム